シェア

海外旅行の必需品 台湾編

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
海外旅行の必需品 台湾編

本場の中華グルメや足つぼエステなど、見所豊富で毎年多くの観光客が訪れる台湾は特に日本人女性に人気の観光エリアです。世界四大博物館のひとつである故宮博物院などもあり、文化的な観光スポットもあります。日本からも直行便で約3時間と近く、気軽に2泊3日、3泊4日で観光できるのも人気の一つです。そんな魅力たっぷりの手頃な台湾旅行に行く際、ぜひ日本から持っていきたい必需品をご紹介したいと思います。はじめて台湾に行く人は、いったい何を持っていけばいいのか戸惑う方もいると思います。ぜひこの記事を参考にして、忘れ物がないように快適な旅をお過ごしください。

気候と服装

台湾は南北に細長く、北は亜熱帯、南は熱帯気候です。台北ははっきりとした四季はなく、1年中温暖で長い夏と短い冬があります。台湾では、鉄道やバス、室内などではエアコンを強めにかけていることが多いので、夏場の暑い時期でも何か羽織るものを持ち歩くと大変便利です。また、雨が多く、晴れると日差しが強い傾向にあるので、晴雨兼用の折り畳み傘があるととても便利です。朝晩は冷えることもあるのでカーディガンがあるとなおよいでしょう。

コンビニの普及具合

台湾の街並みにはコンビニが欠かせないというほど、コンビニがたくさんあります。台湾はスーパーが少なく、その代わりに多くのコンビニがあるのだそうです。そのため、忘れ物があっても基本的には現地調達も可能です。さらにコンビニには日本人女性に人気のスイーツやグルメがそろっているので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。お気に入りが見つかるかもしれません。

画像:airtripper2.net

海外旅行の必需品 台湾編 - コンビニの普及具合

台湾旅行の必需品

台湾に行く際にぜひ持っていってほしい必需品をまとめました。台湾ならではのものもありますので、事前にチェックしてみてください。

◆パスポート・航空券

そもそも出発できなくなりますので、パスポートと航空券は絶対に忘れないように、家を出る前に必ず確認しましょう。せっかくの旅行が台無しになってしまいます。また、台湾では入国時にパスポートの残存有効期間が3か月以上必要ですので、あらかじめ確認しておきましょう。航空券に関しては、名前のスペルが1文字でも間違っていると搭乗できませんので必ず事前に確認しましょう。

画像:seikatubunka.metro.tokyo.jp

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆パスポート・航空券

◆ポケットWiFi

旅先では無料のWiFiを使うことができる場合もありますが、個人的にはポケットWiFiをレンタルして利用することをお勧めします。街中やホテルでは回線が切れてしまったりうまく使えなかったりする場合もあります。旅先でインターネットを使える環境にあると、現地での行動範囲が広がりますし何かと便利です。スマートフォンやタブレット端末をお持ちの方はポケットWiFiとセットで持っていくことをお勧めします。

画像:matome.naver.jp

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆ポケットWiFi

◆ウエットティッシュ

台湾ではこってりした脂っこい食べ物が多かったり、夜市などのテーブルは汚れていたりすることがあるのでウエットティッシュがあれば大変便利です。ティッシュペーパーや紙ナプキンが飲食店に備え付けられてない場所もありますので、日本から持っていくとよいでしょう。

画像:hs-honpo.com

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆ウエットティッシュ

◆水着

リゾート地やホテルのプールで泳ぐ人はもちろん、台湾では温泉に入るときは裸ではなく水着の着用が必須となりますのでご注意ください。台湾で温泉に入る予定がある人は忘れずに持っていきましょう。

画像:netshop.san-ai.com

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆水着

◆日焼け止め・日傘・帽子

特に5月~9月に台湾を訪れる際は、日焼け対策グッズは持っていくようにしましょう。この時期は現地の台湾人女性も日傘をさしている光景が見られます。熱中症対策も忘れずに。

画像:asahi.com

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆日焼け止め・日傘・帽子

◆虫よけ・かゆみ止め

台湾市内などの都市部でも台湾には蚊がいますのでご注意ください。事前に虫よけスプレーで防止し、刺された際はかゆみ止めがあると大変便利で快適に過ごすことができます。ちなみにスプレーは機内持ち込みができませんので、持っていく場合は預けて荷物に入れるようにしましょう。

画像:kiribai.co.jp

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆虫よけ・かゆみ止め

◆トリートメント

一応台湾のホテルにはシャンプーとリンスが備え付けられていますが、リンスは日本より質が悪く、髪が絡まりやすくなってしまいますので、リンスやトリートメントは日本から持っていくのがよいでしょう。こちらも液体に当たりますので、持っていくときはスーツケースに入れ、預け入れましょう。

画像:e-slowlife.jp

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆トリートメント

◆ガイドブック

現地に土地勘がない人は、地図や観光地情報が載っているガイドブックを持っていくと便利でしょう。現地での観光の幅が広がります。基本的に必要な情報が記載されているのでもしもの時も安心です。

画像:miyabitan.blog.so-net.ne.jp

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆ガイドブック

◆筆記用具とメモ

台湾の人は漢字を使うので、英語が通じない場合は筆談のほうがコミュニケーションを取ることができることもあります。いざという時のために、筆記用具とメモ帳を持ち運ぶと便利でしょう。

◆常備薬

いざという時のために、普段使っている風邪薬や胃薬、解熱剤などは日本から持っていくようにしましょう。さらに、台湾でツアーバスなどに乗る際は道路状況があまりよくないので、車酔い用の酔い止めを持っていくとよいでしょう。

◆上着

暖かい気候ですが、朝晩の冷え込みや屋内のクーラー対策として羽織るものがあると便利です。特に屋外で汗をかいていると、室内に入った時かなり寒く感じ、風邪をひいてしまう原因ともなりますのでご注意ください。

画像:girlschannel.net

海外旅行の必需品 台湾編 - ◆上着

まとめ

いかがでしたでしょうか。基本的に忘れ物をしても現地で購入できるものもありますが、事前に日本でしっかり準備しておくと何かと安心ですし、あわただしく買いに行く必要もないので経済的です。観光の内容やスケジュールによって必要なものは異なるかと思いますが、準備できるものは事前にそろえておくようにしましょう。

また、暖かい時期でも朝晩は冷えますし、乗り物の中もクーラーで冷えますので羽織るものは必ず持ち運ぶようにしましょう。2泊3日や3泊4日で行く場合が多いので、荷物はなるべくコンパクトに、必要なものだけ準備するようにするとよいでしょう。現地にはコンビニもありますので、持っていくもの、現地で調達するものを事前に決めておいてもよいと思います。

忘れ物がないよう事前にしっかり準備をして、思う存分台湾旅行を満喫してきてください。

海外旅行の必需品 台湾編と関連した記事をチェックしたい場合は、旅行のジャンルから探すことができます。

海外旅行の必需品 台湾編に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

海外旅行の必需品 台湾編
111
海外旅行の必需品 台湾編

トップに戻る