シェア

海外旅行の必需品 シンガポール編

投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
海外旅行の必需品 シンガポール編

日本から直行便で約7時間のところにあるシンガポール。シンガポールは平均気温が1年を通じて約27度という常夏の国です。某CMで話題になりましたが、きれいな街並みやグルメ、観光を楽しみに毎年多くの人が訪れます。東京都と同じくらいの面積で、交通も発達しているので観光のしやすい国であることも人気の一つです。今回はそんなシンガポールに旅行を考えている人のために、持っていくべく必需品をご紹介します。中にはほかの国とは違って「持っていってはいけないもの」もありますので、しっかりチェックしてから出かけるようにしてください。

気候と服装

シンガポールは、赤道直下に位置しており、高温多湿な熱帯雨林気候です。1年を通じて気温はあまり変化がなく、11月~3月にかけてモンスーンの影響で雨が多くなります。特に日中の平均気温は30度前後とかなり高いので基本は半そででよいかと思いますが、室内では冷房がかなり効いているところが多いので羽織るものを必ず持っていくようにしましょう。ただでさえ外では暑くて汗をかいていますので、室内でそのままの格好をしていては風邪をひいてしまいますのでご注意ください。また、モスクなどの寺院を観光する際は、場所によって位は肌の露出が多いノースリーブなどでは中に入ることができませんのでご注意ください。

コンビニの普及具合

シンガポールにはコンビニが普及していますので、もし何か忘れてしまった場合でもある程度のものは手に入ります。日本でもなじみのあるセブンイレブンなどもありますので、忘れ物をしてしまった場合は立ち寄るとよいでしょう。

画像:d.hatena.ne.jp

海外旅行の必需品 シンガポール編 - コンビニの普及具合

シンガポール旅行の必需品

シンガポールに行く際にぜひ持っていってほしい必需品をまとめました。シンガポールならではのものもありますので、事前にチェックしてみてください。

◆パスポート・航空券

絶対に忘れないようにしましょう。特にパスポートは忘れてしまうと出発できません。また海外旅行では航空券の名前が1文字でも間違っていたらアウトですので、出発前に必ず確認するようにしましょう。また、シンガポールでは入国時にパスポートの残存有効期間が6か月以上必要ですので、あらかじめ確認しておきましょう。2週間以内の滞在であれば、出国用の航空券を持っていれば、ビザは必要ありません。

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆パスポート・航空券

◆ポケットWiFi

ホテルや街中でもWiFiが利用できる場合がありますが、つながりにくかったり途中で回線が切れてしまったりすることもありますので、旅行先でスマートフォンやタブレット端末を持っていくようであれば、ポケットWiFiをレンタルすることをお勧めします。インターネットが使えると旅先での選択肢の幅が広がり大変便利です。

画像:buzzap.jp

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆ポケットWiFi

◆ティッシュ・紙ナプキン

シンガポールのお食事どころでは、紙ナプキンがあるところは少なく、一部の日本食レストラン等にしかありません。日本のように街中で配られることもなく、有料での販売となりますので、ぜひ日本から持っていっておきましょう。なにかと便利です。また、屋台等では席取りにポケットティシュを使ったりします。もし席にティッシュがある場合は勝手に使わないようにしてください。

画像:stylestore.jp

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆ティッシュ・紙ナプキン

◆ウエットティッシュ

お食事どころではおしぼりもありません。また屋台で飲食した際はソース等で手がべとべとになってしまうこともありますので、ウエットティッシュがあると快適で清潔に過ごすことができますので重宝します。ティシュ同様コンビニ等で現地調達できますが、できれば日本から除菌効果のあるウエットティッシュをもっていくことをおすすめします。

画像:hi-ad.jp

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆ウエットティッシュ

◆日焼け止め・サングラス

日中は日差しが強いので日焼け対策グッズは忘れずに持っていくようにしましょう。また暑くて汗をかくことが多いので、日焼け止めに関してはなるべく強めのものでウォータープルーフを選んで持っていくとよいでしょう。

画像:kinrutiru.blog47.fc2.com

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆日焼け止め・サングラス

◆折り畳み傘

シンガポールでは突然雨が降ってくることがあります。特に雨季のシンガポールの雨は傘で防げないほどすごいので、降ってきたらすぐに建物の中に避難するようにしましょう。折り畳み傘はどこかに避難する時用に常にカバンに入れておくとよいでしょう。

画像:yumetai.co.jp

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆折り畳み傘

◆歯ブラシ・綿棒

ホテルによっては歯ブラシや綿棒がおいてないところもありますので、日本から持っていくとよいでしょう。万一忘れた場合もコンビニやドラッグストアで買うこともできます。

画像:matome.naver.jp

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆歯ブラシ・綿棒

◆サンダル

歩きやすいサンダルがあればとても便利です。急な雨に打たれても安心です。また、ホテルにスリッパがない場合は代わりになるので大変重宝します。

画像:imanee.com

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆サンダル

◆ストールやカーディガン

シンガポールのレストランやショッピングセンターではクーラーが強いので肌寒さを感じることもあると思います。そんな時に軽く羽織ることができるストールや長そでのカーディガンがあると大変便利です。また、モスクなどの寺院を観光する際は、場所によって位は肌の露出が多いノースリーブなどでは中に入ることができませんので、そのような場合は長そでのカーディガンを準備しておくとよいでしょう。

画像:mery.jp

海外旅行の必需品 シンガポール編 - ◆ストールやカーディガン

シンガポール旅行で持っていってはいけないもの

シンガポールには「ガム」「ヌードグラビア」は持っていってはいけませんのでご注意ください。「ガム」は以前列車にて悪質ないたずらがあったため禁止されています。「ヌードグラビア」は宗教上の理由で禁止されています。どちらもほかの国では問題ない場合が多いですが、うっかり持っていってしまうと、単なる罰金ではなく、禁固刑などの処罰を受ける可能性もあります。もちろん禁止されている麻薬の持ち込みなどは、所持だけで死刑になったこともあるようです。騙されて所持していた場合でも厳罰の対象となりますので十分に注意するようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。基本的には忘れても現地調達できるものが多いですが、現地で何かと出費がかさみますので、なるべく日本で準備して持っていくようにしましょう。また、ガムなど日本から持っていってはいけないものもありますので、十分注意しましょう。せっかくの旅行が台無しになってしまいます。現地で快適に過ごすには、日本でしっかり準備をしておくことが大切です。出発前には忘れ物がないか必ずチェックをするようにしましょう。

よろしければ、これがあると便利!旅行の必需品まとめの記事も参考にしてみて下さいね!

海外旅行の必需品 シンガポール編と関連した記事をチェックしたい場合は、旅行のジャンルから探すことができます。

海外旅行の必需品 シンガポール編に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

海外旅行の必需品 シンガポール編
111
海外旅行の必需品 シンガポール編

トップに戻る