シェア

これであなたも詩人!詩の書き方

投稿者 Suzuki Ken. 更新された: 16 1月 2017
これであなたも詩人!詩の書き方

詩は文学の一つです。作者の気持ちを表現しています。詩人にしか詩は書けないと思っている方も多いかもしれません。でも実は、私たち誰でも書けるんです。難しいと思っている人もいるかもしれませんが、気軽に書いてみましょう。気持ちを表すのって素敵ですよ。ここでは詩の書き方を説明します。

従う手順:
1

詩を書く練習をしたいなら、まずその前に沢山読むようにしましょう。読むことで単語量も増えるし、創造力も膨らむし、いいことがあります。書く前に、色々なジャンルの詩をよく読み、その分野の特徴を知りましょう。

2

自分が表現したい気持ちは何か考えましょう。例えば愛、嫉妬、憎しみ、恐怖など。よく自分の中の気持ちを整理して考えてみましょう。ちょっと距離を置いてみたりしてください。自分の経験や感情を上手に描くのが詩人です。

3

書こうという気持ちになったら、紙と鉛筆を用意し、心にある気持ちをとにかく書きましょう。何も心配したり、恐れずに書いてみましょう。

4

時々気持ちをうまく言葉で表現できないことはありますね。もしあなたがそんな状況だったら、何か他のと比べてみたり創造力を使って書いてみましょう。

5

詩ができたら大きな声で読んでみましょう。そうすることで、ここが好きじゃないというのが出てくるでしょう。そうしたら修正して、もう一度大きな声で読んでみてください。

6

書いている途中行き詰ってしまい、どうやって続けたらいいか分からない時、そのままにして書くのはやめましょう。また何かが湧いて来たり、書きたくなったら書けばいいのです。詩のような芸術は、自分の好きな作品ができるまで、何度も何度も繰り返し試行錯誤しないといけないんです。

これであなたも詩人!詩の書き方と関連した記事をチェックしたい場合は、趣味のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 創造力や気持ちをそのまま書きましょう。
  • 書きたい時だけ書けばいいのです。
  • 誰かのことを考えて書いたのなら、書き終わったらその人にあげましょう。

これであなたも詩人!詩の書き方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?
これであなたも詩人!詩の書き方
これであなたも詩人!詩の書き方

トップに戻る